盛岡商工会議所青年部

会長挨拶

『共創』
〜未来の可能性を信じ、新たなる一歩を踏み出そう〜

会長所信

地域を支える青年経済人の集まりであるYEGは、地域経済社会を発展させる使命があります。特に、地域の未来を担っているとも言えます。

地域経済社会の発展は、メンバー相互の研鑽・交流を通して自社企業を発展させるだけではなく、多くのメンバーの力を合わせ、積極的に地域課題に取り組むことによってなされます。YEGは、個々の人、個々の企業だけでは成し得ない、地域に対してより大きな貢献ができる可能性を持っているのです。

そのYEG活動は、私たちメンバー同士が信頼し、絆を深め合うことから始まります。

令和2年から続くコロナ禍において、YEG活動も大きく制限され、私たちの絆を深める機会が失われたかに思えました。しかしその中でも、できることを模索して、形を変えながらでも様々な事業に挑戦し、私たちの活動を繋いできました。そのことは、私たちにとって、同志と共に時間を過ごす大切さ、語り合う喜びを教えてくれたように思います。そして、あらためてYEG活動の価値の大きさを認識する機会になりました。

2年経ってもなお、コロナ禍はまだ完全に終息したと言える状況ではなく、未来を見通せるわけでもありませんが、今こそ、コロナ禍後の社会を考え、地域経済の維持・発展のために新たなる一歩を踏み出す時期に来ているように思います。

本年度、盛岡YEGは創立20周年を迎えます。その20年の歴史の中で、大きな変化と成長をもたらしたのが、盛岡YEGが主管した平成28年の「東北ブロック大会いわて盛岡大会」です。その大会から6年が経ち、本年度は東北ブロック大会がまた岩手、一関の地で開催されます。さらに、本年度は全国大会が東北、秋田の地で開催され、東北のみならず、全国のYEGメンバーと触れ合う機会に恵まれています。

このような節目の年であり、多くの貴重な機会がある本年度は、これまでの活動を振り返り、検証し、次の10年を見据えた新たな事業や活動の仕方を模索、チャレンジしていきます。そして、その活動を通して、盛岡YEGのメンバーの絆をさらに深め合いながら、未来の可能性を創造する1年にしていきます。

私が理想とする社会は、すべての人が自分の可能性を最大限に発揮して生き、社会で必要とされる様々な役割を皆がそれぞれの特性を活かしながら果たしている、そんな社会です。さらに、YEGメンバーの企業が、それぞれ自社の特性を活かしながら発展し、地域に必要とされる役割を果たしていけば、とても活力ある魅力的な地域になると思います。

理想的な未来を実現する源は、すべて私たちの中に、地域の中にあります。私たちが、私たち自身の、そして、この地域の可能性を信じることが大切です。それを信じる私たちこそが、この地域の希望に満ちた未来を創造することができるのです。

さあ、未来の可能性を信じ、一緒に新しい一歩を踏み出しましょう。

過去・現在・未来を繋ぎ、未来の可能性を創造する

本年度、盛岡YEG創立20周年の節目の年を迎えるのにあたり、盛岡YEGメンバー全員の力を結集して、20周年事業を実施します。

現在、私たちがこのように活動することができるのは、20年に渡り活動してきた先輩方の礎があるからです。過去の歴史を振り返り、その礎を築いてくださった先輩方に敬意と感謝を伝えるとともに、その歴史によって培われた現在の盛岡YEGの価値を再認識する場にします。

さらに、メンバー同士の絆をより強固なものに深め、盛岡YEGに関わる多くの方々と連携しながら、この地域を共に考え、未来のさらなる可能性を創造する機会にします。

地域の歴史を知り、今を見つめ、地域の未来を創造する

地域の未来を考えるためには、まず現状を正しく、かつ深く認識することが大切です。

盛岡YEGでは、令和2年度から、私たちの地域の魅力を見つめ直す事業として 「もりおか歩(ホ)っと散歩”」を実施してきました。自らの足で歩いて、リアルな地域を知ることで、より深い魅力に気づいたり、本質的な課題を発見したりできます。本年度は、さらに多くの人とその体験を共有すべく、事業を継続・発展させていきます。

そして、事業を通じて知った地域の現状から、未来の地域をより魅力あるものにするためには何が必要かを考え、提言活動へと繋げていきます。

地域に根ざし、未来の地域を担う人材を創造する

地域を形作っている核は、人です。地域に人が増え、その人が成長することによって、地域が発展していきます。

盛岡YEGでは、これまで「もりおか縁結び」事業を実施し、昨年で10回目の節目の開催となりました。本年度は、これまでの事業を検証し、新たな発想も加えながら、地域に根ざす人材を増やすための事業に発展させていきます。

さらに、未来の地域を担う青少年が、自らの可能性を最大限に発揮しながら活躍する人材になるための支援になる取り組みを行っていきます。次世代の人材を育成することを通して、長期的な視点で地域の発展を目指します。

メンバー企業発展のためのビジネスの機会を創造する

YEGの使命は地域経済社会の発展であり、盛岡YEGメンバーの自社企業の発展は、それに直接的に寄与します。

そのためには、個々のメンバーの資質向上が必要です。メンバーが、ビジネスに関連する学びを得られる機会や、自らが成長する機会を提供していきます。

また、多種多様な業種が集まるYEGは、多くのビジネスチャンスに溢れています。このYEGのメリットを最大限に活かすために、個々のメンバーが展開しているビジネスに対して、メンバー相互の理解を深め、新たなビジネスが生まれる機会を創出していきます。

地域のイベントに関わり、人と地域の活力を創造する

「祭り」は、その地域を象徴するものであり、人々の心のエネルギーになるものと言えます。

盛岡YEGでは、これまで、盛岡を代表する祭りである「盛岡さんさ踊り」や「盛岡花火の祭典」に関わってきました。しかしながら、コロナ禍でその中止を余儀なくされたことで、私たちが地域を盛り上げる機会が失われてしまいました。

そこで本年度は、地域の祭りやイベントに対して、その開催の仕方に合わせた新たな関わり方を考え、私たちが主体的に地域の活力を上げる活動をしていきます。

さらに、様々なイベントにメンバーが積極的に関わっていく機会を作ることを通して、メンバー相互の連帯を深め、盛岡YEGの活力を向上させていきます。

盛岡YEGの活動を発信し、地域社会との絆を創造する

盛岡YEGの活動がより大きな成果を上げるためには、私たちの活動を多くの人に知っていただきながら、共に活動する仲間や関係者との絆を深めていくことが必要です。現役メンバーだけではなく、OBメンバーや、盛岡YEGの親会である盛岡商工会議所との連携を深めることで、私たちの活動の幅も広がり、より大きな地域課題の解決に取り組むことができます。

そこで、メンバー同士の交流を深めることに加え、多くの他団体との連携を強化することに力を入れていきます。また、盛岡YEGの活動を広く地域社会に周知することで、盛岡YEGの価値をより一層高めていきます。そのことで、地域経済社会の発展により力強く寄与するための基盤を創っていきます。

共に活動する同士の輪を広げ、未来の盛岡YEGを創造する

多種多様な業種のメンバーが繋がることで、そこに新たなビジネスが生まれる可能性が増えます。個性溢れるたくさんのメンバーがいることで、多くのアイデアが生まれ、YEG活動の幅も広がります。

年齢制限のある盛岡YEGは、新たなメンバーを迎え入れることでその活動が維持されます。盛岡YEGが継続的に、そしてより活発に活動するために、共に活動するたくさんの新しいメンバーを増やしていきます。

さらに、本年度で卒業を迎えるメンバーの思いを新しいメンバーに引き継いでいくことで、盛岡YEGの活動を未来に繋いでいきます。

ページトップ